いろいろある名刺の印刷方法

名刺1

『名刺を作りたい』と考えたのなら、いろいろな印刷方法があるので自分にぴったりなものをチョイスしましょう。プロに印刷してもらう方法はもちろん、自分で作ってしまう方法もあります。利用する印刷方法によって仕上がりのクオリティが異なるため、それぞれの特徴を知ったうえで選定すれば満足できる名刺を手に入れられるはずです。

名刺はただの紙片じゃない!おすすめの材質や形は?

プロに印刷を頼めば完璧な名刺を作ってもらえる

クオリティを重視するのならプロの業者に頼んで名刺を印刷してもらいましょう。高品質な用紙を用意してくれていて、高性能の印刷機を使ってくれるので完璧な名刺ができあがります。ただし、近場に名刺を印刷してくれる業者が存在しないため、プロに頼むのが難しい状況にある方もいるはずです。

そのときは、インターネットができる環境で利用可能なオンラインショップでの注文を考えましょう。手続きがインターネットで全部行えるため、近場に実店舗がなくても大丈夫です。ただ、実店舗とは違ってオンラインショップではクオリティが下がると考える方もいるかもしれません。

しかし、サービスを提供する窓口としてオンラインショップを使っているだけなので、実店舗のお店と同じクオリティの名刺を作ってもらえるので安心しましょう。ちなみに、窓口をオンラインにすることで人件費をカットできるため、実店舗よりも安く仕事を頼める場合もあります。

なお、オンラインショップによっては、名刺のサンプルを送ってくれるところもあります。名刺に使われる用紙にこだわりたいのなら、サンプル請求に対応するところを使って紙質や厚さなどをしっかりとチェックしましょう。

いくつかの業者にサンプルをもらって比較をすれば、完璧な名刺に仕上げてくれるところをきっと見つけられます。

オンラインショップでの注文方法

オンラインショップで名刺を印刷してもらう場合、実店舗とまったく異なるのは対話がないということです。つまり、スタッフに説明してもらうことができないため、自身でしっかりと注文方法を調べなければいけません。ただし、オンラインショップには『利用ガイド』や『初めての方へ』などのページがきちんと用意されています。

画像を多用して説明してくれている場合も多く、注文方法はすぐに理解できます。もちろん、カスタマーサポートの電話番号やメールアドレスも載っているので、理解できないのなら遠慮なく相談してしまいましょう。なお、名刺を印刷してもらうときには、デザインデータを渡す入稿という手続きをしなければいけません。

CDやUSBメモリなどにデザインデータを保存して宅配する手段もありますが、オンラインショップなら入稿もインターネット上から行えます。アップロードするためのページが用意されているので、そちらから作ったデザインデータを渡しましょう。

もちろん、入稿のやり方も注文方法に掲載されていて、手順通りに行えばスムーズにアップロードができます。ただし、デザインデータのファイル形式は指定されているので、間違ったものを送らないようにしましょう。間違ってしまうと入稿のやり直しとなってしまうため、場合によっては納期が延びてしまうかもしれません。

ちなみに、デザインができない方に向けて、テンプレートを用意しているオンラインショップもあります。プロが作ったデザインをそのまま拝借できるので、完璧な見た目の名刺を印刷してもらえるようになります。シンプルだったり個性的だったりするデザインの中から、自分のイメージにあっているものを選定して印刷してもらいましょう。

自分で印刷することも可能

自宅にスマホと通信ができるプリンターがあるのなら、簡単に名刺を印刷することができるかもしれません。スマホのアプリストアには名刺作成用のアプリがあって、そちらでデザインしたものをプリンターに送れば簡単に印刷できます。

ただし、コピー用紙に印刷しても名刺とは呼べないものになるので、名刺用紙を別途購入しなければいけません。アプリを開発したメーカーが、いろいろな品質の名刺用紙を販売していることが多いため好みにあったものを買いましょう。

もちろん、スマホではなくパソコンを使っても、プリンターでの印刷が可能になります。Wi-Fiなどの無線ではなく有線のUSBで繋げられるため、通信機能がないプリンターでも利用ができます。パソコン用のアプリが配布されているので、ダウンロードしてデザインを作り名刺を印刷しましょう。

安くしたいならインク代を気にしよう

自宅で名刺を作るときに、とにかく安くしたいのならインク代を考える必要があります。プロに頼むよりも安いと考えて自宅での印刷方法を選んだかもしれませんが、インク代がそれなりにかかってしまうことを忘れてはいけません。

名刺に文字だけではなくイラストやカラーも使いたいというのなら、インクはどんどんと減っていくでしょう。インクがなくなればもちろん印刷ができないので交換する必要があります。もしも、交換をするときにインク代を節約したいのならば、純正品ではなくほかの業者が販売する代替品の利用を考えましょう。

純正品ならば全色セットで6000円以上するインクでも、代替品なら2000円程度で購入できることもあります。もちろん、1色だけの購入もできるため、名刺の印刷で減ったインクのみの補充も可能です。なお、代替品を購入するときに心配なのはクオリティでしょう。

色が薄かったりにじんでしまったりするのでは、人に渡す名刺としては失敗作となってしまいます。しかし、現在では代替品のクオリティはかなり高くなっているので、名刺での印刷くらいならばまったく問題がない場合が多いです。

ただ、写真を印刷するなら純正品のほうがよいといわれているため、名刺に使う予定ならば気をつけましょう。ちなみに、業者のホームページを訪れれば、純正品と代替品の比較が載っている場合があります。じっくりと見て、違いが許容範囲内だと感じられたのなら購入したときに後悔する確率は低いでしょう。

より本格的に自宅で印刷したいなら

カードプリンターという種類の機器を購入すれば、自宅でも本格的な名刺を印刷することができます。もしも、大量にクオリティの高い名刺が必要ならば購入を考えてみましょう。カードプリンターは紙に印刷するだけではなく、プラスチックのカードにも印刷することが可能です。

つまり、会員証や社員証など、いろいろな種類のカードが作れるためビジネスでも大活躍してくれるでしょう。ただ、一般的なプリンターよりも値段がかなり高いのがデメリットなので、安い印刷方法を探す方には向いていないかもしれません。